車いすはその名のとおり、椅子に車輪がついた構造になっています。椅子には快適に座るための機能が、車輪には移動するための機能が求められます。車いすにはさらに、無理なく安全に乗り移るための機能も必要です。この3つの機能を重視した上で、使用する方の身体機能や介助者の介護力、生活環境に合った車いすを選ぶことが重要です


Point 1: 椅子としての機能

車いすには、日常で使う椅子と同様に目的に合わせた色々な種類があります。車いすを選ぶときには、まず、その車いすがどのような椅子として使用されるのかを考えてみることが大切です。


Point 2: 移動するための機能

車いすで移動するとしても、自分で車いすを操作する場合と、人に車いすを押してもらう場合とでは、本人にとって大きな違いがあります。使用者が自身で車いすを操作できる可能性を探ることが大切です。


Point 3: 乗り移るための機能

体に合った車いすが見つかっても、その車いすにうまく乗り移ることができなければ、車いすを使用する機会が減ってしまいます。車いすに容易に乗り移ることができ、安心した座位を保つことができれば、快適な生活を送ることができます。